更新終了

カクヨムのエッセイコンテストに参加する為に書いた『井の中の蛙、大海なんて知りたくもねぇ』。コンテストの方はあえなく落選。という訳で一応、こちらでバックアップを、 ついでにブログの方が読み易い方の為に、と。 (私なんかはブログの方がいい)因み…

「井の中の蛙、大海なんて知りたくもねぇ」を書き終えて

カクヨムのエッセイコンテストに応募する為の作品。エッセイは社会・時事問題に関するものはSpotlightで。創作に関するものはカクヨムの「雑食主義」という作品で。それ以外は「世界に一つだけの水たまり」という作品で。 (バックアップも兼ねてブログでも掲載…

井戸の底

最後に井戸の底から私の想いを綴りたい。な~んて事を言いながら、実のところは、コンテストの規定である文字数の五万文字をクリアする為のエピソード(笑)ランドスケープまでに五万文字を超えていたら、書かなくても良かった。要するに、五万文字に足らな…

生きる事

今回は死生観の「生」について私が感じる事。「死」については孤独であり、結果である、と。ならば、「生」は。一つは結果に対する、過程である。「生」が「死」の反対であるならば、結果の反対である過程が「生」になる様に思うのです。そして命あるものは全て「生」とい…

今回は死生観の内、「死」について。「死」とは何ぞや。一つの答えとして、私は思う事がある。『「死」とは永遠の孤独を入手する事』死んでしまったら、後は、ずっと一人ぼっちになる。それくらいの覚悟は必要なのかもしれない、と。確かに、死ぬ事で今、自分が苛…

本音

此処で突然に、本音の話。方向転換をした私だけど、本音を言えば、とっとと死んでしまいたい。それは今でも、変わっていなかったりはする。死ぬ事が出来そうもないので、仕方がなく方向転換をした、とも言えるだろう。いや、そうじゃない。一度は確かに方向…

ヒストリーの方で「今後」というエピソードを書いたけど、こちらでは更に踏み込んだ話をしたい。だから、はっきり言うと、実現性の無い「夢」の話になってしまうだろう。という訳で「夢」という、エピソードタイトルにした。「今後」の方では、自立をする事が出来た…

ふらふら

私はふらふらしている。何がふらふらしているのか。それはもう、色んなものが(苦笑)それは私の作品にも表れているのではないでしょうか。気になった方は色々と読んでみて下さい(ニヤリ)でも、実際に自分でも、何で、こんなに、ふらふらしているのか、と…

カクヨム

私が以前にネットをしていた時は、まだ、そんなにアマチュアの物書きはいなかったと思うんだ。ちょっと調べてみると「小説家になろう」が始まったのが2004年。ちょうど、その頃に私は自殺サイトでの活動をしていた事になる。しかし始まったばかりの「小説家にな…

今後

此処では今後、私が社会復帰を果たして自立する事が出来たら、の話をしたい。とは言っても、現状は自立が出来そうもないからなぁ。単なる夢物語になっちゃうのかもしれないが、言うだけは言っておきたい。他のエピソードを読んで頂いている方には、すでに思…

差別

今回は差別について考えながら、「平等」を問いたい。先ず、私は差別を肯定的に考えている。所謂、レイシストと言っても、差し支えはないだろう。しかし不当な差別に関しては、当然に肯定する訳にはいかない。不当な差別を正当化するのは、レイシストとは言え…

ネット復帰

約7年程の潜伏期間を経て、私はネットに復帰を果たす事になった。家族が自分で勉強をする為に、と、端末を買ってきたのである。その家族は一日に数分程、使うだけ。それ以外は私が占有をしてしまっている。恐らく、家族はこうなる事を予想はしていただろう…

そもそも何者!?

【愚者】生きる事を諦めて、死ぬ事を望む様になる。そんな私は何度となく、自殺未遂を繰り返した。勿論、未遂になったのは結果にしか過ぎない。出来る事なら自殺を成功したかった。しかし何度やっても失敗ばかり。いつしか死ぬ事すらも諦めざるを得なくなる…

平和

座右の銘のところでも申したけど、私は「平和」、「自由」、「平等」という言葉を余り信用はしていないんだよね。勿論、「平和」、「自由」、「平等」が嫌いな訳ではない。ただ、 「平和」、「自由」、「平等」と言う言葉は信用をし過ぎると、危険な言葉でもあると思うのだ。そ…

潜伏期間

ネットから離脱をした私は何もする事が無くなってしまう。そこで改めて気付いた。死にたいと思う事が、ある種の逃げ道になっていた事に。様々な苦痛によって「死」に向かう様にはなるのだけど、「死」に向かう事で様々あった苦痛が集約される感じかな。だから、…

活動時間帯

【朝】私は典型的な朝型人間である。朝、起きてからの数時間が一番、調子が良く感じるんだよね。何をやっていても、そう。更に、言えば意欲も朝が一番である。食欲。そして性欲も。相手をする女性からしたら、迷惑な話かもしれないけど(苦笑)尤も、今はも…

インターネット

インターネットは我々の様な愚民の為のもの。私は勝手に、そんな風に思っている。書籍・新聞等の紙面での媒体。テレビ・ラジオの電波での媒体。それらの媒体で発信する事が出来ない、有象無象の者が発信をするのに便利なもの。インターネットが普及する前は…

ネット離脱

社会復帰に失敗をした私は、再び自宅に引き篭る様になった。勿論、家族の方は、私が引き篭る事を望んではいなかっただろう。諦めずに社会復帰への挑戦を続けて欲しかったのかもしれない。そして私が自立をする事が出来たら、どんなに安心をするか。しかし私…

好きな諺

【情けは人の為ならず】好きな言葉と似た様なものになってしまうが、こちらも書きたい事があったので、好きな諺として。先ず、この諺には続きがある。『巡り巡って己が為』こちらの方は知らない方も少なくないのではないでしょうか。そして、だからこそ、意…

1年間だけのサイト再開

自分の自殺サイトを閉鎖してから半年程、過ぎてから、我慢が出来なくなってしまい、サイトを再開する事にする。ただし、私がチャットに顔を出すのは月に一回、数時間程に限定をして。社会復帰に向けて、資格を取る為の勉強をしたりしていて、以前の様な時間…

好きな言葉

【罪を憎んで人を憎まず】この言葉は、昔の中国の学者さんで、儒教の祖と言われている孔子という偉い人の言葉。また、聖書にも同様の記述があるとの事。人が何か罪を犯した場合に、被害に遭った方は何を思うのか。主に、二通りになると思う。許すか、許さな…

「死」を望んでいた私が「命」を論ずるなんて、おこがましかったりもするが、「死」を望んでいたからこそ、見えたものもある様に思うので、そんな事を綴りたい。私は自殺サイトで活動をする様になって、「命」について考えさせられる機会も増えた。勿論、「死」を望ん…

サイト閉鎖

サイトを開設してから一年程、経ってから、サイトの運営も軌道に乗ってくる。これは言い訳になるのかもしれないが、宣伝らしい宣伝は殆どしなかった。効果的な宣伝が出来れば、もっと早く、サイト運営を軌道に乗せる事は出来たのかもしれない。ただ、効果的…

好きなブログ

【はてなブログ】決して媚びている訳じゃありませんよ(笑)私は作品のバックアップ等で沢山のブログを使用しているが、実際に使用をしていて、はてなブログは非常に使い易い。何度も言うが、はてながカクヨムに絡んでいるからではない(笑)出来るならば、…

サイト運営

私はネットの中で居心地のいい場所が欲しかった。勿論、幾つか通っていた自殺サイトの居心地は悪くはなかったし、自分自身が万人受けする様なタイプだったら、そこまで気にする必要は無かったのかもしれない。しかし、はっきり言って、私はとても万人受けす…

好きなテレビ番組

【モーニングCROSS】関東ローカル放送の東京MXで放送している番組。毎週月曜日から金曜日まで朝の7時から8時半まで。メインMC:堀 潤さん アシスタント:宮瀬 茉祐子さん(先代:脊山 麻理子さん) 一部コーナー担当:黒田 治さん 他キャスター:…

最後の風が吹くところ・・・

Webページ制作に夢中になった私は先ず、自分の居場所として自分で運営をする自殺サイトを作った。その自殺サイトの名前が【最後の風が吹くところ・・・】。元々、死にたいくらいだった訳だから、私は自殺を肯定的に考えていた。そして自殺サイトでの活動を通…

好きな食べ物

【一部の嫌いなものを除く全て】じゃあ、嫌いなものは何なのか。それは、秘密(笑)個人的な付き合いの中で親しくなれば、お話をする事もあるかもしれません。それよりも、私なりに、この事を書く事で伝えたい事がある。それは、菜食主義に代表される様な偏…

Webページ制作

自殺サイトに入り浸る様になり、そうなる事で、周囲に迷惑をかけたりもするんじゃないかと気にする様になった私。だったらば、と自分で自分のサイトを作ってしまおうと思うに至った。自分のサイトだったら入り浸っても、誰に文句を言われる筋合いもない。そ…

辞世の句

【所詮、この世は飛花落葉であり、全ては行雲流水の如く】一生懸命に生きようとしても、中々、上手くは生きる事が出来ず。生きる事が嫌になって、死のうとしても死ぬ事すら出来ない。そんな私は自分の無力さに途方に暮れるしかなかった。そんな中で私は思っ…

自殺サイト

私がネットでの活動をスタートしたのは自殺サイトだった。社会から脱落し、自分の存在価値を見失って、自殺行為を繰り返していた私。毎日、毎日、死ぬ事ばかりを考えていた。それを見かねてか、家族が私にインターネットをさせてくれたのです。何もしないで…

座右の銘

【己を縛るのは己のみ】そもそも、私は「平和」だとか「自由」だとか「平等」だとかいう言葉を余り信用はしていない。他の事は別の機会に述べさせて頂くとして、此処では「自由」について。先ず、私は「自由」を不自由なものだと思っている。勿論、我々はそれぞれの社…

ハンドルネーム

【愚者x2】読み【ぐしゃぐしゃ】私は以前のネット活動では別のハンドルネームを使用していましたが、ネット活動を再開するにあたり、新たにハンドルネームを考える事にしました。別に変えなくても良かったが、気分転換に、と。因みに、各所で使用しているプ…

始めに

『井の中の蛙、大海を知らず』 この諺は一言で言えば、世間知らず。 転じて、外に出て知見を広める事がいい。 という様な意味で使われたりするだろう。確かに、外に出て知見を広める事はいい事ではある。 しかし皆が皆、出て行ってしまうのは如何なものか。 …