読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる事

ランドスケープ

今回は死生観の「生」について私が感じる事。

「死」については孤独であり、結果である、と。

ならば、「生」は。

一つは結果に対する、過程である。

「生」が「死」の反対であるならば、結果の反対である過程が「生」になる様に思うのです。

そして命あるものは全て「生」という過程を経て、「死」という結果へ向かう。

また「死」という結果は、あらゆる命にとって同様であるが、「生」という過程は、それぞれが、それぞれに違っていたりもする。

そうなんだよね。

過程に正解はない。

或いは、全てが正解である。

勿論、時には間違えてしまう事もあるだろう。

でも、それは過程にしか過ぎないんだよね。

「生」は結果ではない。

だから、間違えてもいい。

間違えながら、成長をしていく。

間違えて、反省をして、修正をする。

間違える事で、理解を深めてもいく。

間違えたら、罪を償う為に罰を受ける。

時には、その罰によって「生」を否定する事もあるが、それは仕方がない。

人間社会は法によって秩序が保たれている。

その法により「死」を課せられるのなら、従わざるを得ない。

そして、だからこそ、法で裁けない命を人が裁いてはならないと、私は思う。

どんなに加害者が憎かろうとも、「生」による更正と贖罪の機会を奪ってはならない。

人は間違いをしてしまう生き物である。

その間違いを問えるのは法だけだと思うんだ。

そして、それも含めて命は全て許容される。

何故なら、「生」は過程にしか過ぎないから。

善人だって居ていい。

悪人だって居ていい。

男性だって居ていい。

女性だって居ていい。

大人だって居ていい。

子供だって居ていい。

それらに当て嵌まらない者も居ていい。

法を破った者だけが、法によって裁かれる。

悪人が悪事を働くとは限らない。

善人が悪事を働かないとも限らない。

どの様な者であれ、罪を犯した者が罰を受ける。

過程においては善人が悪事を働く事だってあるんだよね。

だから変な話、過程で間違える事は間違いではないのだ。

何を言っているのか、よく分からなくなるけどね(笑)

とにかく「生」は過程であるので、どの様な命であっても許容されるべきと思うのです。

多数派であっても、少数派であっても、同じ「生」なんだよね。

そして、それが次に繋がる。

「生」は可能性。

命ある限り、0にはならないという事。

限り無く0に近くとも、「生」ある限り、0にはならない。

その可能性を信じられない事もあるでしょう。

かく言う私も日々、葛藤をしていたりもする。

それでも、一つの現実として、今、「生」があるのであれば、その可能性が0になる事はない。

以前の私は、今、こうしてまた、ネットでの活動が出来るなんて信じられなかった。

その時は、その可能性が0だと思い込んでいたんだよね。

それでも死なずにいたから、今、実現しているのです。

今、こうしてネットに復帰が出来た事で、以前の私が勝手に思い込んでいた事に気付く事も出来た。

可能性は0ではなかったという事になる。

そして、それは私だけではないだろう。

私以外の全ての者にも、当て嵌める事が出来るのではなかろうか。

「生」ある限り、可能性が0になる事は無いし、諦めない限りは、その可能性を作り出す事だって出来るのかもしれない。

そして、その様な様々な命、様々な可能性が、我々の可能性を更に拡げてくれるのではないか。

色々な命に可能性がある。

その一つ一つは小さな可能性かもしれない。

でも、その色々な命にある、それぞれの可能性。

その、それぞれの可能性が我々の選択肢を拡げてくれる。

1人だったら、1人分の可能性しかない。

10人になれば、10人分の可能性になる。

勿論、選択肢が増える事は、いい事ばかりではない。

選択肢が増える事で、最善の選択肢に辿り着く確率は下げてしまう事は考えられる。

ただ、10人だったら、10人の中に当たりがあるとは限らない。

20人になれば、その中に当たりを含む確率を上げる事が出来る。

もっと増やせば、もっとより良い当たりを含む事だって出来るのかもしれない。

そして、現実には、そうやって無制限に可能性を追求する事は出来ないだろう。

何処かで線引きをして、現実的な選択をしなければならなくもなる。

でも、ネットは無制限に可能性を追求する事が出来る様に思うのです。

寧ろ、ネットは、それをするのに便利なツールでもあると思う。

だから私は発信をしている。

可能性を追求する為の発信を。

そして発信をする事で、私は「生」を感じている様に思う。

私にどの様な可能性があるのか。

正直、まだ何も分かっていない。

何の可能性も無いのかもしれない。

でも、それは実際に死ぬまで、はっきりする事は無いのだ。

「生」ある限りは、可能性が0になる事はない。

そして、その僅かかもしれない可能性で、何かの役に立つ事が出来たら。

そんな風に思いながら、日々、一生懸命に書いている。

今はそれが楽しいし、幸福にも思う。

本当に私は生きているんだなぁ。

今の私にとっては発信をする事が生きる事でもある。