読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランドスケープ

今回は死生観の内、「死」について。

「死」とは何ぞや。

一つの答えとして、私は思う事がある。

『「死」とは永遠の孤独を入手する事』

死んでしまったら、後は、ずっと一人ぼっちになる。

それくらいの覚悟は必要なのかもしれない、と。

確かに、死ぬ事で今、自分が苛まされている苦痛からは、逃れる事も出来るのかもしれない。

しかし孤独を苦痛に感じる様だと、死んでから、より苦痛に苛まされる事にもなるのではないか。

因みに、私は孤独は、そんなに辛くはない。

というか、これまでも、ずっと孤独ではあったからねぇ。

今まで友人なんて一人もいないし。

親はまだ健在だけど、親は自分で作った人間関係じゃないからね。

ちょっと、別に考えなければならないと私は思っている。

だから、現実に自分で作った人間関係は一切に無い。

今、ネットでは幾らか繋がりがある方はいるけど、ネットだけの繋がりでは高が知れているよね。

そう考えると、私は本当に孤独だなぁ、と。

そして正直、孤独が辛くないと言ったら嘘になるのかもしれないけど、孤独じゃなくなる事も怖くはあるんだよね。

だから、私は「死」に向かわざるを得なくなったのかもしれない。

ある意味、それが当然に思ったりもするんだよね。

でも、今は「死」に向かう事も諦めてしまった。

そして改めて思う。

「死」とは結果だと。

そして「生」は過程だと。

「生」については別に詳しく書く予定なので、此処では「死」について。

「死」は結果にしか過ぎない。

そして「死」は現実。

「死」は究極のリアリズムの様に思ったりする。

今、死んでいなければ、それが現実。

今、死んでしまっていたら、それが現実。

そして、その現実からは、誰も逃れる事は出来ない。

しかし人間は、そんなに強くはないので、逃げたくもなる。

それが時に、人を「死」へと向かわせたり。

時に、憎しみに身を委ねる事になったりもする。

そして死ぬ事が出来ずにいる私は思う。

「死」は自ら求めても仕方がないものだと。

憎しみに身を委ねても、何の解決にもならないと。

「死」は望もうとも拒もうとも、いずれは必ずやってくる。

唯一、命あるもの全てに対して、平等に与えられる結果。

唯一、命あるもの全てに対して、平等に降りかかる結果。

受け取り方はそれぞれでも、例外は存在しない。

「生」が命である一方、「死」もまた命なのである。

例え不本意な「死」であっても、その結果を変える事は出来ない。

要するに、「死」にロマンを求めては、いけない様に思うのです。

「死」は、ただただ現実を受け止めるべきではなかろうか。

それが自らを憎しみから解放し、命を尊ぶ事にも繋がる様に思うのです。

「死」は孤独であり、結果である。

それが私の「死」に対する考え方。